トイガー

トイガーとは・・・

トラ柄のネコ、

TOY(おもちゃ)のようなトラ(Tiger)がネーミングの語源です。

■トイガー歴史・特徴 

トイガーは私のベンガルの先生でもあるジーンミルさんのお嬢さん、ジュディーさんが発端です。

お母様でもあるジーンミルさんが世界にヒョウ柄のベンガルという猫種を発表し、

では小さなトラ(Tiger)もできないだろうか・・・。

そこが始まりになります。

先祖は、、ベンガルをベース
縦縞、マッカレルタビーと呼びます。
のネコやマーブルなどを掛けたり、
普通のネコ、いわゆるドメスティックです。
あの毛先がキラキラした感じなどは
ロシアンブルーも入っているのかな、
ジュディーさんはロシアンブルーの事は言われていませんでしたが、私はそう思います。

ベンガルがベースなのでいくら
マッカレルを掛け合わせでも
必ずスポットも生まれるし、確率はゼロになりません。

スポットが生まれる確率がゼロになるまで
になるには、
とても長い年月がかかるのです。

ジュディサグデンさんのところには
もう何回も行っているので、

その御苦労話もたくさん聞きました。

ちょっとはっきりとした年月は
忘れてしまいまたが、

16〜17年前に
正式にトイガーと言うネコ種を
発表して、
すぐにTICAで公認ネコ種となりました。

トイガーを観て触った方は
先程書いた、
毛先のキラキラの綺麗さと
独特のトイガーだけにしかない触り心地

日本では良く見るただの縞ネコではない事が
触ってみればお分かりになります。

初めて触れば感動されますよ!

トイガーはまだまだ
これから改良をされて、
もっと耳も小さく丸く、あの明るいオレンジの様な毛色ももっと黄色に近づけてたり

と、進化をさせたいのですが、

本当に小さなトラになるには
まだもう少し先になります。

私はジュディーさんやゲイナーさんの
御苦労を間近で観ているので、
私は、自分で改良や進化をさせるなんて無理です。

ましてや、
私よりも知識のない
ブリーダーには絶対に出来ません。

良いのが出来たら
お金を払って輸入させるのが一番です。

うちでは、

ジュディーさんから
繁殖の許可をもらう時に

トイガーはトイガー同士だけの掛け合わせのみ!
これは契約の中に書かれています。

これを破ってベンガルとの掛け合わせで
血統書を作った場合では
違反金と繁殖許可も取り消しです。

うちから行った全てのトイガーも同じです。

コレは言わなくても分かりますよね、

トイガーの血統書を作ってしまい
スポットのトイガーが産まれたら
それは、トイガーでもベンガルでもない
ベンガル模様のネコになってしまいます。

ジュディーさんが
大変な時間と苦労をかけて
縦縞のネコしか生まれない様に
させたことを考えれば
トイガーはトイガー同士が当たり前の事です。

ネコクラブでは
交配可能なネコ種としていますが、

ベンガルを掛けたら、
絶対にダメなのです。

交配可能と書いた方は、
ジーンプール的にそう書いたと思うのですが、
トイガーがどの様に作られたのか、
多分、トイガーその物も見た事がなかったはずです。

もしこれから
トイガーの繁殖を始めたい方は、
必ず守って下さい。

私のところ以外にも
素晴らしいトイガーも横須賀の雲母館さん、
キララ館と読みます。
にもいますし、

うちも2系列の血統がありますので
対応は可能です。

トイガーの特徴は
また次に書きますね。

と言いますのは、トイガーはまだ発展途上の猫種なんです!

ただ時代時代のスタンダードというのがあります。

本当ならば
ネコの進化に合わせて
スタンダードも変えなければならないと思います。

それをご理解して
スタンダードを解釈して下さい。

身体は中くらい、
ドメスティックタイプ、
筋肉質で力強い、

顔、
私的には
あまり特徴はありません、
普通のネコの顔です、

文書では
大きくも無く小さく無い中くらい長く広く深い、
こんな風に書かれています。

耳、
丸く小さい、
コレは今のにも当てはまります、
正解。

目、
コレも当時のスタンダードですね、

中から小で丸い、
微妙につり上がる。

口元、
たくましく丸め、
強いアゴを持つ、

鼻の形を私なりに付け加えます、

幅広ではっきりとした鼻すじ、
ジュディーさんは
トラの顔をイメージしていました。

四肢、
中くらい、
後足は長い、
コレも普通と思って下さい。

尾、
長く筋肉質先端が丸い。

被毛、
トイガーの特徴は
コレなのです!

縦じまのマッカレルタビー、
ブラウンタビーですが
地色はオレンジに近い豪華で厚い被毛、

縦じまはお腹まで続くともちろん良いです。
グリッダーと言う
キラキラした毛も混じるので綺麗に見えます。

トイガーを触るとはっきりと手触りが他のネコと全く違う
ゴージャスな感じが解ります。

 

■補足

今のトイガーはだいぶ
変わりましたが
昔からのスタンダードと違うので、
私達ジャッジは
スタンダードから進化されたところを

今の流行り!

こう説明をします、

ジャッジは
ネコのスタンダードに近いネコを上位に選ぶ事が1番の正解なのですが、
ネコの進化が早すぎてスタンダードを超えてしまう事が起きています。

スタンダードと違うネコを残す時に

コレが
今の流行りの形です、

こう説明をします。

スタンダードでは無い

今の流行りと言う表現で最新のトイガー、

身体はかなり大きくなりガッチリの骨と筋肉、首も太く顔も若干丸くなりました、

縦じまも
太く線や細くはっきりなどにもバリエーションが増えました、
この縦じまのバリエーションはまだ
どちらが良いなどは
はっきりと決まっていません、
今の時点では
流行りとも言えない

コレを私は、

好み

こう表現しています。

※個人やブリーダーさん、審査員による解釈の違いもありますので一概には言い切れませんが私個人のコメントとして掲載させていただきました。

■トイガーの育て方
ベンガル同様トイガーの飼育はとても簡単ですが猫という特性上ストレスを感じさせないように気を配っていただく必要があります。
飼育環境をいつも清潔に保つことを心がけてあげてください。
トイガーは非常に生育がよく、見る見るうちに育っていきます。
また、食事・運動量がとても多く元気に育つのも特徴です。
幼猫時は温度に敏感です、寒いところでは風邪をひきやすいので出来るだけ暖かくしてあげてください。

えさの与え方
トイガーは運動量が多く、餌をよく食べます。
出来るだけ高タンパク、高カロリー(ささみ)などを与えてあげることをお勧めします。
日本では魚系の餌を与える事が多いですが、アメリカでは鶏肉中心の食生活をしている所が日本との違いです。
我々の場合、ネコのコンディションにより様々なフードを与えています、
ご不明な点はご質問、ご相談ください。

■トイガーの販売について(ご購入方法)
お客様に直接ご来店、または当社からお客様の所へお出かけさせて頂きご契約をさせて頂きます。
遠方の方はご相談の上、ネコの生体に負担のかからない最善の方法をとらせていただきます。
 現在ブリーディングしている猫たちの一部をこちらでご紹介しています。
※お客さまからのご希望、価格のお問い合わせなど、お電話、またはメールにてご案内さし上げております。

ページ上部へ戻る